| HOME | 用具とウェア | トレッキングレポート| フィッシングレポート| How To | プロフィール | リンク集|
| 用具 | ウェア | チェックリスト |  トレッキングに必要な用具とウェアはここでチェックしましょう!

気温は平野部よりも低く、天候も変わりやすいので快適に山を歩くには、山歩きようの用具とウェアの準備が大切です。起伏のある道を安定に歩くトレッキングシューズをはじめ、ザックや水筒など準備を整えておきましょう。
トレッキングシューズ スリップしにくい素材で作られ、溝の形が工夫された靴底。また、スニーカーなどと比べて、しなりが強く、衝撃を吸収して足を保護する機能もあります。外側からは防水、内側からはムレを発散してくれる防水透湿素材のGORE-TEXを使用したタイプはお勧めです。登山専門店で試し履きをし、フィット感を確かめてから選びましょう。
ザック 日帰り用の場合、容量25〜30リットルぐらいで、山小屋1〜2泊ぐらいの場合は35リットル〜40リットルぐらいがお勧めです。肩に負担がかかりにくいショルダーベルトやザックを安定されるウェストベルトなど体に負担のかからない構造になっています。また、荷物が取り出しやすい2気質タイプのものもお勧めです。
レインウェア 山の天気は変わりやすく、よく晴れていてもしだいに雲がわきだして雨になるというケースがあます。上着とズボンに分かれているタイプのほうが動きやすいです。防水透湿素材のGORE-TEXを使用したタイプですと快適です。
ザックカバー ザックにかぶせてザックの中身を雨から守ります。
水筒 1日1リットルを目安に準備しましょう。ペットボトルを持ってゆくときにはボトルの破損予防や保冷にボトルカバーが役立ちます。
スタッフバッグ ザックの中身の整理整頓に使用します。食料や衣類などを別々のスタッフバックに入れておけばすぐに取り出すことができます。
ストック 山歩きの安定した歩行の補助として使います。伸縮式で使用しない時にはザックの中やザックに固定しておけば邪魔になりません。1本のタイプと2本のタイプがあります。
地図・コンパス 地図は必需品です。現在地や進路を確認しながら歩くのに使用します。一緒にコンパスも活用します。
携帯電話 万が一のときに連絡手段として使います。
救急用品 木々などで擦り傷を負うこともありますので、バンソウコウや消毒液、鎮痛剤など必要最小限のものは持参しましょう。
ヘッドライト まだ夜が明けない早朝から上り始めるときや、下山時刻が遅くなってしまうということもありますのでライトがあると安心です。またヘッドライトは両手が使えるというメリットがあります。