落とし込み


一般的には岸壁にそって刺しエサを落すことにより(ボタキープとも言います)
黒鯛の捕食を促してアタリを取る釣り方です。

エサの種類や大きさ・沈下速度(オモリや針の大きさ)・ハリスの長さや太さ・目印の材質・ピッチ等によって
様々なシチュエーションが考えられます。

またそれに潮流・風の有無が加わると組み合わせは無限にあると言えます。
ここでは、私の個人的な考えを述べさせていただくとともに、これから落し込みをされる方や、
すでに実釣をされている方になんらかのご参考になればと思います。


竿  落とし込み竿を選ぶ時、長さ、硬さが重要なポイントになってきます。
水面までの高さが低い場合は短め、高い場合は長めといった具合です。
また攻める深さが深い場合も長めが良いでしょう。
具体的には名古屋港のフィールドだと3.6m〜3.9mがお薦めです。
しかしフィールドによっては4.5mくらいがベストの場合もあります。
今市販されている竿は長さの変えられるマルチタイプが多いので、それを選ぶといいでしょう。
マルチタイプの利点は潮の高低だけでなく、魚を掛けてストラクチャーに入られそうになった時、
すかさず竿を伸ばして魚を誘導できるメリットもあります。
    
硬さについては、軟調子、硬調子、超硬調子と様々な種類が発売されています。
軟調子の場合ですと、アワセを入れた瞬間針やハリスにかかる負荷が竿で吸収されるので、
細ハリスにも対応できます。
逆に硬調子になっていくと、負荷が大きくなるので太いハリスがマッチングします。
竿に表示されている適応ハリスの範囲内なら問題なく使えると思います。
しかし、どちらの場合も穂先が一番重要なポイントになります。
同じ調子の竿でも穂先によってかなり違ってきます。
また以外と見落とすのが、ガイドのスレッド巻きです。
仕上がりの雑な竿はUガイドが取れてしまうなどのトラブルになります。
一概に値段の高い竿が良いとは言いませんが、細かい作りは良く出来ていると思います。


リール 落とし込みで使うリールはタイコリールと呼ばれる糸巻きの径が大きいものを使います。
これは道糸の糸グセがつきにくい理由からなるものです。
糸を出したり巻いたりすることをサミングといいますが、このサミングのしやすさもリールを選ぶ
ポイントです。
一般的には親指でリールを押えるわけですが、魚がヒットして糸を出したりする時、スムーズに糸の
出せる形状がお薦めです。
またリールの種類によってはクリック音がするものもありますが、できれば避けたほうが無難です。
音に敏感な魚ですから余計な音は出さないほうがよいという理由です。
ドラグ機構のついたリールは、サミング時に余分な糸を出したくない場合に使います。
これを使うことによって親指の負担を減らします。
特にストラクチャー回りでは、全く糸を出さずにやりとりしますので重宝すると思います。


道糸 :視認性の高い物がお勧めです。
薄暗い時は黄色などの明るい色、日中はオレンジ系が使いやすいと思います。
また一定のピッチで色分けしてある物もあります。
目印を使う場合はそんなに気にしなくて良いと思いますが、糸フケでアタリを取る場合には重要な
ポイントになります。
素材はナイロンがお薦めです。
PEでも構わないですが、伸びが無いのでハリスへの負荷が大き過ぎてバラシの原因にもなりかねません。
PEを使われる場合はハリスをナイロンにするか、太めのハリスがお薦めです。
号数は太いほうが視認性が良くなります。
目印を使う方なら3号くらいで十分だと思います。
また、出来るだけ軟らかい物が巻きグセが付きにくく使いやすいです。


目印 ピッチや長さ、目印の材質はいろいろありますが、最初は市販品でもかまいません。
実際に落して見ると、一定の速度で沈まないことが多いことに気がつくと思います。
潮流やエサの回転などにより目印の動きが読みづらいことを経験された方もいるでしょう。
しかし、どんな条件でも一定のリズムがあるものです。
そのリズムが掴めるまで、同じ目印を使い込んで見て下さい。
代表的なアタリの出方としては「走り」「止まり」「ピクッと動く」などがあげられます。
波が無くて潮も緩ければアタリも見やすいですが、
逆のパターンですとなかなか難しい場合も多いです。
何度も落して、目印のリズムを掴んで下さい


ハリス ハリスの太さ・長さについてですが、竿とのマッチングにもよります。
硬調竿には太め、軟調竿では細めといった具合です。
「細ハリスじゃないと釣れない」とか言われますが「3号ハリス」を使っても十分釣果はあげられます。
このへんは意見の分かれる所ですが、太いハリスほど潮流の影響を受けやすいことだけは覚えて
おいてください。
細いハリス(0.8号以下)を使ってもかまいませんが、ハリス切れ続出では黒鯛が散ってしまいます。
またハリスの長さですが、1mくらいを基本にして浅いタナの場合は少し短く、深い場合は長く
するようにしています。 
ハリスの素材はフロロカーボンが主流です。
ナイロンに比べて張りがあり、馴染みが良いからです。
但し、フロロカーボンの場合号数が太くなると糸自体が硬くなるので、若干馴染みが悪くなります。


  針の種類もずいぶん増えました。
「貝専用」「カニ専用」「前打ち専用」など迷われる方も多いでしょう。
それぞれ工夫がしてあり、理論的な作りになってますが、私的には形状よりも号数を重視してます。
針の大きさは刺しエサの大きさや刺し方によって変わりますが、良く使う号数は5号〜10号あたりです
(私はガマチヌを愛用しています)

具体的には、親指の爪くらいの岩ガニを尻掛けした場合は5号前後。
横掛けは7号前後、カラス貝の場合は貝より2回りくらい小さな針をセレクトして、
4号〜10号を使いわけています。
また、フジツボの塊や稚貝のダンゴは針のフトコロにスッポリはまるサイズを選んでいます。


オモリ 落し込みでは「針オモリ」が一般的に使われます。
針オモリの利点は、「刺しエサとハリス・目印が一直線になるのでアタリが出やすい」ということです。
しかし、動きのあるエサ(エビやゴカイ類)の場合は、刺しエサが動きやすいようにハリスにオモリを
つけたりします。
その場合、ダウンショット(針を結んだ捨て糸)にすると良い場合があります。
オモリの種類(ガン玉・糸オモリ)大きさ(号数・巻き数)については、エサの種類・大きさ・形状、
潮流によって変わります。
また、目印の浮力とも密接な関係があるので一概にはどれが良いとは言えませんが、
3m落とすのに6〜10秒の間で調整します。
しかし潮流の早い時は大きなオモリを使って、ピンポイントに送り込めるようにすることも大切です。



実 釣

 さて、まず堤防に着いたら絶対やっていけないことがあります。

■物音を立てない。 漁港や埠頭など船や作業をしている現場ではあまりシビアになる必要は
ありませんが、早朝などは気をつけたいものです。


■岸壁(ボタ)を覗かない。 よく「今日は潮が透けているから釣れない」と言われる方に多いと思います。
たとえ潮が透けていて、底まで丸見えでも上層で釣れます。
オーバーハング(岸壁が出っ張っている場所)ならまだしも、
垂直岸壁ではこれをやってしまうと、極端 に釣果が悪くなります。
たとえ濁りがあっても避けたい行動です。


   
   エサの投入は、岸壁から1歩以上下がって行います。
   岸壁の継ぎ目などが好ポイントなので、覗かなくても竿でエサの位置はコントロールできると思います。
   あとはハリスを馴染ませて、目印を並べるなどをしながらアタリを取ります。
   目印の並べる方向や、並べ方(直線・S字)、少しずつ並べたり、
   一気に並べたりケースバイケースで違ってきます。

   その日の条件やその場所に合った並べ方をするわけですが、常に刺しエサが潮下側に来るよう、
   表層の流れに注意してボタキープできる方法を選びます。
   もちろん、なるべく岸壁から離れた状態で行うわけですから、自分のエサがどこにあるのかをイメージ
   しなくてはいけません。
   どの方向にどのくらいの早さで落ちて行くかを見極めるには、目印が沈む方向を注視するとわかります。
   また深いタナでは、仕掛を引き上げる時に刺しエサがどのあたりから上がってくるかで見極めます。
   基本的には「ボタキープ」が原則ですが、以外とボタから離れてもアタリが出ることもあります。
   特に底近くでは、その傾向が見られるので注意が必要です。

   以上、多くのフィールドであてはまる場合を想定して説明しましたが、スリットやパイルなど、
   岸壁の構造は様々です。
   また、黒鯛は広大なフィールドにおいても集まる場所が必ずあります。
   その場所は刻々と潮の流れで変化しますので、釣れた時の状態を良く覚えて下さい。
   特にパイル構造においては、潮の当たる側と裏側、タナの深さ、掛けてからのやりとりが難しい
   場所でもあります。
   しかし、それゆえに魚影の濃い場合も多いようです。

   どの釣り場でも言えることは
「いかに黒鯛に気配を感じとられないようにするか」だと思います。


   (ぴかちゅう)