目印作成 

用意する物:作業マット、ライン、ハサミ、
        発泡シート、100円ライター

作業マットには、必要な
ピッチの所に線
を引いておく。


100円ライターは
平らな物を選ぶ
発泡シートを10×5mmでカット。

今回は9個の目印を30cmピッチで
2.4mの目印を作る。
発泡シートの裏紙をハサミでめくる。

この時、裏紙を
全部剥がさず半分だけ
残しておく。
半分めくった発泡シートを作業マットの
印した場所に並べた所。
ラインの準備

ハリス側は2重チチワにするので、
10cm
ぐらい折り返す。
ループの中心をハサミでカットする。
エイトノットでチチワを作り増し締めして
いる所。

エンピツやボールペンを使うとしっかり締まる。

残りのラインは3mmくらい残してカットする。

尚、チチワの大きさは
直径10mmくらいにする。
これは大き過ぎると、
水中抵抗が増える為
作業マットに並べた発泡シートの端にラインを
くっつける。

なるべく
端のほうにラインを着けること
指の上でラインを引張りながら、ラインに発泡
シートを巻きつける。
裏紙は自然に剥がれる。
指で潰した状態。
この状態では発泡シートがキレイに巻き付いて
いない。
100円ライターで発泡シートを潰す所。

この写真では上下にライターを動かして、発泡
シートを巻きつける。
その時、
あまり強く押し付けないようにするのが
コツ

ライターで巻き潰した発泡シート。

細く均一に潰れている。
作業マット左端から目印のピッチまでラインを
引張り、次の発泡シートを着ける。

そして上記の作業を繰り返す。
発泡シートを全部着け終わったら、最後の位置
から10cmほどの場所でカット。

あまり短く切らないように注意
シングルチチワをエイトノットで作り、ハリス側
と同じように増し締めして、残りのラインを3mm
ほど残してカット。


〔ワイワイバージョン〕

 1.準備  
     仕掛糸・・・サスペンド道糸白色
            例) サンヨーアプロード サスペンドチヌ2号(ナイロン)
               ユーテック PE磯2号
     目印・・・・・ナイロンパイプ(内径1ミリ)色は好み
            例) ささめ目印パイプ黄色(上州屋)
     浮力材・・・バルサ板厚み1ミリ  

 2.製作
     バルサ板(1ミリ厚)を目に沿って1ミリ幅で切る
       (断面1ミリ角の長いマッチの棒を作る)
     但し長すぎると折れやすいので
10〜20p前後が良い
     さらにパイプの長さより1〜2ミリほど長くして切断する
     このとき4〜5本束ねて切ると素早くたくさん出来る
     
     仕掛糸に予めパイプを通す(25pピッチで3mならば13個)
     通し終わったら糸の先に3cm程のチチ輪を作る(パイプの抜け止めにもなる)
     次に目印の位置にマーキングをする 
     例えばダンボールを12.5pの長さに切り巻きつけるそして
     片方の角をマジックでなぞれば25pピッチのマーキングの出来上がり
     あとはパイプにバルサを詰めてマーキングの位置にずらしてOK
     出来れば
接着しない方をすすめます(接着剤の浸透が均一になら無い為
     浮力バランスが崩れる)
     道糸との接続は2重チチ輪か「チヌかん」(商品名)が良いでしょう
     バルサを詰めるときは多少のコツやツボがありますが自分で体得して下さい
     ピッチですが、現在の私は18pですが、20pを基本として考え
     凪用・荒天用等色々と自分に合ったものを試して見ると良いでしょう
     ハリス側と道糸側とピッチを徐々に変える変則タイプも一考です。
     最後に
この仕掛は「浮く」目印では無いことを付け加えておきます
     表層下を漂わせることを目的としてます。