落とし込み・前打ち釣りのマナー



 立ち入り禁止区域
   海釣り公園や渡船で渡る波止などを除いて、各漁港、管理組合、企業内敷地などは基本的に
   立ち入り禁止になっている。
   企業内敷地においては操業時間外のみ開放しているところもあり、漁港・組合の敷地は関係者
   の好意で黙認されている場所が我々の釣り場となる。
   あくまでもほとんどの場合が『立ち入り禁止区域での釣り』だということを忘れないでほしい。
   そのような場所でゴミの放置や設備へのイタズラなどすれば、関係者に迷惑がかかってしまい
   釣り人がしめだされるのは言うまでもない。


 駐車マナー
   当たり前のことだが、駐車禁止区域には駐車しない。
   しかし禁止区域でなくとも迷惑のかかるような駐車をしないよう心掛けたい。
   地元の人に迷惑がかかるだけでなく、近辺の企業や他の釣り人に多大な迷惑がかかる。
   駐車トラブルで釣り場が閉鎖にならないよう気をつけたい。
   また岸壁ぎりぎりまで来る人も居るが、ポイントでそのような行為は厳禁である。
   なるべくポイントから離れた場所で静かに駐車するように心掛ける。


 釣り場において
   黒鯛の前打ち・落とし込み釣りは繊細な釣りと言われている。
   ポイントの前で大声で話しをする人や、スパイクシューズを引きずるような歩き方は厳禁と言える。

   追い越しのマナー
     堤防を探り歩いていると、それぞれのペースで人を追い越す場合がある。
     追い越す場合は極力その場から離れて静かに歩き、最低でも20m以上は離れたい。
     追い越しざまに大声をかけるのは厳禁である。

   落としこみのマナー
     よく平気でボタを覗く人を見かけるが、これも厳禁である。
     どうしても覗きたい場合はポイントから離れて見る。
     エサの投入もなるべく静かに行い、音や話し声には細心の注意を払う。
     根掛かった場合はボタを覗かないようにし、そっと糸を引張りハリスを切る。
     決して大きくしゃくったりしないこと。
     またカラアワセのしゃくりも慎みたい。
     話しをする場合はポイントから離れてする。
  
   ストリンガー
     ストリンガーを使う場合は、ロープを掛ける場所に注意したい。
     広大な堤防でも先端回りなど一級ポイントは避けるようにする。
     また他の人のストリンガーとからまないようにするのも注意したい。
     ロープの長さも干潮になって魚が干上がらないようにする必要があるが、いたずらに長く
     しすぎないようにする。
 こまめに長さを調節して魚を元気な状態にしたい。
     あとストリンガーを魚に刺す時、てこずって魚を弱らせてしまうのを見かけるが、手際良く
     ストリンガーを刺せるようにする。

    リリース
     魚を持ちかえる、リリースするはその人の自由だが、20cm以下の黒鯛はリリースを心掛け
     たい。
     魚を絞めて持ちかえる時には、堤防に着いた血は洗い流しておきたい。
     リリースする場合は玉網に入れてそっとリリースする。
     他の釣り人がいるのに、平気でほかってリリースする人がいるが、いくらリリースとは言え
     論外である。
     また炎天下の堤防で無造作に魚を置く人を見かけるが、リリースする魚にとっては火傷を
     するようなものである。
     日陰に置いたり、水で堤防を濡らしてから置くようにしたい。

   ゴミ問題
     落とし込み・前打ちは比較的ゴミの出にくい釣りではあるが、飲み物や弁当の入れ物などを
     持ちかえるのは当たり前。
     あと、交換した針やオモリ、ハリスなども必ず持ちかえる。