ヘチ釣り

ヘチ釣りの定義は短竿で目印を使わずに、糸フケもしくは穂先でアタリを取る釣法です。
竿の長さは2.1m〜3mくらいまでが一般でリールも大口径のヘチリールを使います。

釣法   大きくわけて2つの釣り方があります。
ひとつは重いガン玉をつけて、糸を張った状態で竿先を下げて行き穂先でアタリを取る。
もうひとつは、軽いガン玉で糸フケを作り、一定の糸フケを保ちながら糸フケでアタリを
取る方法です。



長所
短所
重いガン玉を使い穂先でアタリを取る方法はとてもわかりやすく、手元に「ゴツゴツッ」とか「コン!」など
明確なアタリが出ます。
また深場のチヌを探る場合はスプールをフリーにしておけば、自重でエサが底まで落ちて行き
10m以上のタナも探ることが出来ます。
しかしこの方法は魚がエサをくわえた瞬間に、穂先のテンションが掛かっているわけですから
魚は違和感を感じ、すぐに吐き出してしまうことが多いです。
特に食いの渋い時期(冬場など)はアタリが出てもヒットしないことが多いです。

一方糸フケによる釣法は、エサにテンションが掛かっていないので、針やオモリなどの違和感
を感じるまでに若干のタイムラグがあります。
糸フケに変化が出たら迷わずアワセを入れます。
しかし、風が強い日など海が荒れている時は微妙な糸フケの変化を読み取ることが難しいです

いずれにしても「聞きアワセ」は禁物。
竿が硬い分だけすぐに違和感を与えてしまい、エサを離してしまいます。



竿 2.1mから3mくらいが市販されてますが、名古屋港では2.7mが使いやすいサイズだと思います
ハイシーズンなど上層でアタリが出る時期なら2.4mのほうが短い分取り回しもしやすいです。
また糸の出がスムースなオールsicガイドの竿がお薦めです。
和竿も味わいがあってヘチ師には人気ですが、僕のように道具をあまり手入れしない人には
お薦めできません(笑)



リール ヘチ用のリールは口径が88〜85サイズの物が多用されます。
落とし込み用リールでは糸の出が悪いのと、スプール径が小さいと巻き取りにくいという欠点
があります。
金属製・木製・樹脂などの種類がありますが、なるべく回転がスムースで軽い物がお勧めです
しかし、あまり回転がスムースだとバックラッシュの原因にもなりますが(汗)



道糸 ナイロンとPEどちらでもOKです。
竿先までが近いので、細糸でも見やすいと思います。
ナイロンの場合、竿のタメが無い分糸が伸びてくれますが、深場でのアタリが出にくいようです
PEですとアタリは明確に出ますが、風が強い日などは穂先に絡まって、使いにくいことが多い
です。

つまり使う場所(浅場・深場)(垂直・ストラクチャー)によって使い分けるといいようです。

ハリス 竿の適合ハリスに準じます。
大体1.5〜3号のモデルが多いと思います。
針の大きさによるハリスの太さも関係しますので、特に小さい針の場合はなるべく細い糸を
使ったほうが良いと思います。
具体的には現在研究中です。(汗)



オモリ 穂先を使った釣り方をする場合は2B〜。
糸フケの場合はノーシンカー〜。
いずれの場合もエサや海況によって調整が必要です。
この件につきましても現在思考錯誤中です。(笑)


基本的に落とし込みと変わらないと考えてます。
「落とし込みコーナー」をご覧になって下さい。



最後に

まだまだヘチ釣りを始めたばかりでわからないことだらけですが、
一般的なことだけを羅列しておきました。
目印を使った落し込みから、ヘチ釣りへの移行はさらに黒鯛釣りの奥行きを深めてくれるものだと
思います。
落とし込みでは到底無理なポイントでも大胆に攻めることのできるヘチ釣り、興味のある方は是非
試してみてください。

2005年3月
増田俊幸