エサ



落とし込み、前打ちでよく使われるエサ以外もあります。
基本的には夏場硬いエサで、冬場は軟らかいエサが好まれます。
これは、冬場はエサ取りが少ないので食い込み重視しているものと思われます。
虫エサなどは夏場エサ取りに弱いので、夜釣りで使うことが多いようです。
また、夜釣りにおいても、カラス貝やカニエサ等で釣果が出ることもあります。

名称 画像 コメント 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
カラス貝 落とし込み、前打ちで使われる
代表的なエサ
小さな物はダンゴ状にして使う
ミドリ貝 初秋より堤防に着き始める
カラス貝より殻が軟らかいのが特長
ゼンボ 白い物、紫色や赤い物もある
白い物が一般的で比較的軟らかい
パイプ 関西ではメジャーなエサ
中部圏では採取しにくいが、
場合によっては爆釣を味わえる
岩ガニ 前打ちでメジャーなエサ
オールシーズン対応
泥ガニ 低水温でも動きが良くて
軟らかく食い込みが良い
砂ガニ 軟らかく食い込みが良い
タンク 四日市、関西方面で良く使われる
岩ガニより硬く、沈下速度が速い
ツメだけ使う場合もある
カメジャコ 冬〜ノッコミ時期によく使われる
底釣りで使うことが多い
ボケ イカダ釣りではメジャーなエサ
軟らかいので食い込みが良い
岩虫 虫エサの中では硬い
エサ取りにも強い
ヘラヘラ カラス貝の中に生息する
時期によっては爆釣を味わえる
エサ持ちが悪い
モエビ 冬〜春先に使われる
前アタリの取り易いエサでもある
青虫 安価で万能エサ
ブッコミなどで使う
エサ取りに弱い