高知テープライターズCLUB
トップページ高知テープライターズCLUBについて講座・イベント情報活動記録メールマガジンリンクメール
活動記録
高知テープライターズCLUB第6回講習会
日時平成16年10月13日(水) 13:30〜15:30
場所よさこいビジネスプラザ1階会議室
スクエアフロントビル
(高知市鷹匠町1丁目3-22)
講師HARMONY  甲藤(http://harmony.cside.com/
内容[Wordの便利機能編]
 ・表記揺れチェックの詳細設定
 ・揺れが出たときの波線の確定の仕方
 ・書式のコピー、字下げ設定解除
 ・コメント機能
 ・履歴の更新、蛍光ペン
 ・置換のオプション設定
 ・パスワード設定
 ・書式の比較、文章の比較
 ・Wordと一太郎の表記揺れチェックの比較
 ・Wordと一太郎の要約機能の比較
参加者の声・昨日の講習では、『へぇ〜』ボタンを心の中で押しまくりでした。基本的とはいえ、使っていない便利な機能をいろいろと教えていただき、家にあるWordの本を今一度、開いてみたくなりました。
・講習会どうもありがとうございました。動作がのろい私は、あれ、あれ?とか言って皆さんにご迷惑をおかけしながら必死についていっておりましたが、これからの実務にフル活用できるよう、しっかりおさらいしておきます。
・表記揺れチェックをしても「完了しました」とすぐ終わってしまうので、「ないから大丈夫だわ」と思っていた一人です。ものすごく勉強になりました。
・とても勉強になりました。時間がたつのをすごく早く感じました。どきどきの参加でしたが、表記の揺れや置換の使い方がわかり、勉強会に参加させて頂いてよかったです。
・今回の講座はそれぞれお持ちになっているWordのバージョンやもともとの設定を触られているかたと、いない方がいたりしたので、同じように動かそうとしても、違っていたり、ある機能とない機能があったり、比較ができてよかったと思います。
・仕事の手順の一部を教えていただけて今後に役立ちそうです。ありがとうございました。変更略歴はチェックする側にならないと、なかなか使う機会がありません。それでも今回のお話で、できることは頭の中に残ったと思います。
(講師より) → 整文のときに履歴の更新が役立っています。特に何を言いたいのか分からない話者のときには、この履歴の更新を使いながらの整文は本当に威力を発揮します。自分で作文しすぎないためにも、もとの発言がきちんと分かる履歴の更新は便利な機能だと思います。
参加費1,500円
参加人数12名
 

高知テープライターズCLUB第5回講習会
日時平成16年9月18日(土) 9:00〜10:00
場所よさこいビジネスプラザ1階会議室
スクエアフロントビル
(高知市鷹匠町1丁目3-22)
講師HARMONY  甲藤(http://harmony.cside.com/
内容[再生・音声加工編]
・聞き取りやすくするための音声加工処理
  ノイズリダクション……ノイズの除去
  レベル調整……聞きにくい小さい音のレベルを上げて聞きやすくする
  音声分割……長い音声ファイルを分割する
  ノーマライズ……小さな声と大きな声が混ざっているときに使うといい
  タイムストレッチ……早口の音声をゆっくり再生して聞きやすくできる
  書き出し……WAV→MP3 MP3→WAV などデータを変換できる
参加者の声・コントローラで再生している時に、「停止を押す→再度停止を押す→前回停止場所に戻る」機能は、みんながとても便利だと感動した。
・「デジオン」というソフトを使いながらの音声加工処理を学べて、ソフトの便利さを実感しました。
・普段、実際にソフトを仕事で使われている方から、よく使っている機能の内容を聞くことができ、今後の仕事に生かせそうです。
参加費800円
参加人数15名
 

高知県SOHOセミナー《主催:高知県》
日時平成16年9月17日(金)13:00〜
場所高知会館 2F 白鳳の間・天平の間
内容[プログラム]
◇基調講演「公共アウトソーシングとSOHOの可能性について」
 東京工業大学 理財工学研究センター 比嘉邦彦教授
◇SOHOグループ活動事例発表
◇ビジネスマッチング
◇パネルディスカッション「これからのSOHO」

================================================

高知テープライターズCLUBのブース出展のお話をいただきまして、
1カ月以上前から、グループで準備をしてまいりました。
PR用のチラシも作成、皆さんに手渡しさせていただきました。

代表の甲藤がSOHOグループ活動事例発表とパネルディスカッションのパネラーとして出席させていただきました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
参加者の声・「公共アウトソーシングとSOHOの可能性について」の講演については、これから公共機関がこれだけ外部へ仕事を出そうとしていることを知り、驚きました。
・「これからのSOHOについて」のパネルディスカッションで、まず自分で調べるなどのSOHOとしての心構えなどを聞いて、大変刺激を受けました。
 

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ


- Topics Board -