営業日カレンダー
   定休日
実店舗営業時間
AM 8:00〜PM 7:00

35度 焼酎甲類
四季折々の「フルーツ」や健康のために「にんにく・アロエ」などをホワイトリカーに漬け込みましょう!
果実酒や健康酒は誰でもカンタンに楽しくつくれる身近なお酒。
あなたもオリジナルのお酒にチャレンジしてみましょう。

タカラ 果実酒の季節
35度 広口
ツカサ 35度
1.8L
フルーツチュー 35度
1.8Lパック
製造者 宝酒造
漬け込み容量 4.5L
(焼酎1.8L入り)
蔵元 美峰酒類

容量 1.8L
蔵元 浅間酒造

容量 1.8L
(紙パック)
価格 2,283円
(税込)

価格 1,800円
(税込)

価格 1,400円
(税込)


氷砂糖 ロック
1Kg
サントリー
果実の酒用ブランデー 35度 
 
製造者 中日本氷糖

丹念に精製した砂糖液をじっくり
二週間かけ結晶を自然に
大きく成長させた氷砂糖
製造者 サントリースピリッツ

容量 1.8L (紙パック)

ブランデーだから香りも華やか
梅酒・かりん酒・レモン酒などの
果実酒づくりにピッタリ
価格 470円
(税込)

価格 1,890円
(税込)




果実酒/健康酒 簡単レシピ

梅酒 かりん酒 いちご酒
材料
梅1〜2Kg 
糖分500〜800g
ホワイトリカー1.8L

作り方
新鮮な青梅をきれいに水洗いし、布巾で水分をよくとってから漬けます。3ヶ月程で飲めますが、一年以上置くと風味が増しおいしくお召し上がり頂けます。
材料
かりん1Kg
(黄熟したもの)
 糖分200g
ホワイトリカー1.8L
作り方
熱めの湯の中でたわしでよく洗い、水気をふきます。2〜3日して表皮にミツがにじみ出てきたら、厚さ1cm位の輪切りにして種ごと仕込みます。1ヶ月飲めるようになりますが1年以上置くと美酒になります。
材料
いちご1Kg 
糖分200〜300g
ホワイトリカー1.8L

作り方
赤く熟した酸味の強いものほど最適です。水洗いしてよく水分をとり、ヘタをとってから漬けます。温度に敏感ですので、涼しい場所に置いて下さい。気温の高い季節は早めに実を取り出し、酸味を補うために、レモンの輪切りを4個分位入れて下さい。
コーヒー酒 アロエ酒 にんにく酒
材料
コーヒー豆80〜100g 糖分200g
ホワイトリカー1.8L

作り方
コーヒー豆は酸味の強いもの(モカ・ブルーマウンテン)を選び、そのまま漬けます。1週間程度で飲めますが、苦味が出るので豆は3週間後に取り出して下さい。香りを楽しみながらの飲み方が最適ですので、お湯や冷水で割るのも良いでしょう。
材料
アロエの葉300g
 糖分100〜150g
ホワイトリカー1.8L

作り方
よく水洗いし、水気をふき取り4cm位に切って漬け込みます。アロエは取り出さずにそのままにして下さい。整腸によいと言われています。
材料
にんにく400〜500g 
糖分200〜300g
ホワイトリカー1.8L

作り方
小房にバラしたものを4〜5分蒸すか焼くかして、冷えてから漬けるとニオイが薄らぎます。血液の循環をよくし、強壮・健胃整腸などによいと言われています。
材料の量や作り方は目安です。お好みに合わせてお試し下さい。
Copyright (C) 2004-2022 IKEDAYA. All Rights Reserved.  未成年者の飲酒は法律で禁止されています