鶴田憲次 Tsuruta Kenji    



■2/14(火) 〜2/25(土)
鶴田憲次展 
12:00〜19:00(日曜日・最終日〜18:00)




【展示内容】 
鶴田憲次の作品は、点描のように細かいドットの集積によりスーパーリアリスティック絵画を展開する作家です。主なテーマとして、砂や水の波紋などを描きながら、時間と空間との関係を際立たせる作品を展開してきました。現在京都市立芸術大学油画専攻の教授でありますが、鉱物や化石の研究採集のスペシャリストとしても広く知られています。鉱物や化石は、時間と空間の関係を目にみえる形で感じさせてくれるところにその魅力があると作家は言います。今回のギャラリー16での展覧会は、作家の絵画作品の他に、作家のコレクションである鉱物や化石の大コレクションの一部を公開致します。通常の画廊空間というよりは、ひとりの画家であり、かつジオロジストとしての側面をもつ人物によるプライベートを公開するとい言葉がもしかしたら、一番今回の展覧会を説明するに相応しい言葉なのかもしれません。







鶴田 憲次 Tsuruta Kenji
・略歴
1949年 長崎に生まれる。
1971年 京都市立芸術大学卒業。
1973年 京都市立芸術大学美術専攻科西洋画修了。
1990年 渡英 91年3月まで。 (ロンドン大学スレード校研究員)
現在   京都市立芸術大学教授
・個展
1973年 ギャラリー射手座:京都(同75年、77年)
1976年 ギャラリー芦屋:大阪(同77年、78年、79年、85年、87年、88年、89年、95年、97年、00年、02年)
     アートコア:京都
1982年 京都新聞画廊:京都
1988年 塚本邸:京都
     ワコール・アートセンター・スパイラル:東京(同90年、91年、94年、96年、99年、01年)
1990年 ギャラリー良幸:京都(同92年、94年、95年、97年、99年、00年、01年、03年)
1991年 スレードギャラリー:ロンドン
     三越:仙台(同93年)
1992年 ジャパンギャラリー:デュッセルドルフ
1993年 キャシオラギャラリー:ニューヨーク
     民族経済博物館:デュッセルドルフ
1994年 高島屋:京都
1995年 三越美術館・新宿:東京
     東京三菱銀行ロビーギャラリー:京都
1999年 鶴田 憲次展・京都絵画まつり/勧業館:京都
2000年 高島屋:東京日本橋
2004年 鶴田憲次化石画展/OMM:大阪 
・グループ展
1976年 京都府洋画版画総合展:京都
1983年 京都府美術工芸選抜展:京都
1986年 京の四季展(京都府主催):京都
     美術選抜展(京都市主催):京都(同88年、89年)
1990年 都市の美術館展:横浜/横浜美術館
     with photography展:ロンドン/スレードギャラリー
1992年 サマーインビテーション展:ニューヨーク/j,キャシオラギャラリー
     小品展:ニューヨーク/j,キャシオラギャラリー
1993年 現代京都の美術・工芸展:京都文化博物館(同94年)
     IMA「絵画の今日展」:東京/三越美術館
1994年 平安建都1200年記念美術選抜展:京都/京都市美術館
1994年 「現代絵画の断面 94洋画KYOTO展」:京都/京都府文化博物館
     金山平三記念展:兵庫/兵庫県立近代美術館
     京の洋画新作展:京都/高島屋
1995年 アートヘルメット展:京都/ギャラリー16
    100人展:大阪、東京、京都巡回/高島屋
1996年 「リアリズムの精鋭たち〜透徹の響き」:大阪/枚方市立御殿山美術センター
1997年 京都絵画まつり:京都/勧業館
     安井賞展:セゾン美術館他
2000年 京都芸大120周年記念展 : 京都市美術館
2001年 梅原猛と33人のアーティスト:京都、東京、大阪/高島屋
    水の風景展:大阪/ギャラリー芦屋
     風景-四人の作家による-:京都/アートライフ・みつはし
2003年 林潤一・鶴田憲次展:京都/ギャラリー良幸
    ふるさとの水と名画展:京都文化博物館
    京都・洋画の現在:京都文化博物館
・受賞
1981年 京都市芸術新人賞
1994年 京都府文化賞奨励賞